整備

トラックのチューブ入りタイヤの交換

最近では珍しいチューブ入りのタイヤ交換です。

うちのタイヤチェンジャーは使えないので手作業で行います。

まず、L型アングルを当てハンマーで叩いてタイヤをホイールから落とします。

裏側も同じように落としていきます。

タイヤレバーを使いリングを外していきます。レバーを差し込み引き起こしていきます。

リングを外したらエアバルブをかわし、足で押してホイールを外します。

タイヤからチューブ、フラップを外します。同時にチューブ、フラップに損傷が無いか点検しておきます。

リングやホイールは錆や汚れを落とし、きれいにしておきます。

後は逆の手順ではめていきます。チューブをホイールに組み付けるときは、先にエアバルブを通しておきます。

リングは足で踏んで組付けていきます。

空気を入れてリングやエアバルブの位置を確認して交換完了です!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください