整備

リアドライブシャフトブーツの交換(ホンダ アクティ HA4)

今回はドライブシャフトブーツを交換していきます。

エンジンの動力をタイヤに伝えるジョイントを保護する部品です。

破れているとゴミが入ってジョイントが痛むので早めの交換が必要です!あと車検も通りませんよ!

まずは、写真を撮り忘れましたが、古いブーツを取り除き新しいブーツを付けています。

取り付けるブーツは分割式なので部品を外さなくても交換ができます。

専用の接着剤をたっぷり流し込みます。

しっかりとかみ合わせます。

高温になる使い捨てカイロのようなものが付いていますので、接着部に被せて乾燥させていきます。

乾燥が終わったら「グロメット」というゴムの部品をシャフトとブーツの間に入れます。

金属のバンドで固定します。

シャフトグリスを注入していきます。(画像が90度曲がってますが気にしないでくださいw)

反対側もグロメットとバンドを取り付けて作業完了です!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください