部品・用品

カプラー端子配線の修理

作業中に配線の劣化などでカプラーの配線が根元から折れてしまいました。ピックツールや精密ドライバーなどで修理を行うと、作業がしにくく、またカプラー本体を傷つけてしまうことがあります。なので、この機会に、専用工具を購入して修理してみようと思います。

見ての通り配線が根元から切れていて、はんだ付けやキボシ端子等での修理がしにくいです。

今回はヒーロー電機の「圧着ターミナル用引き抜き工具FR-150」(2930円)を使用しました。

まずロックを解除します。白い部分を引き起こします。ここはピックツールでも出来ます。

そして、カプラと端子の間に工具を差し込んで、ストッパーをこじて中のロックを解除します。この作業が専用工具が無いとスムーズに行えません。

カプラーも端子も傷つけることなくきれいに外れました!慣れれば作業は簡単です。

端子はネット等で購入しました。配線を延長して修理完了です!

使用頻度は少ない工具ですがカプラーを痛めず修理が出来るのでこれからも重宝していきたいと思います。

以上、カプラー端子配線の修理 でした!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください