情報・お知らせ

エンジンオイルの粘度や選び方について

今回はエンジンオイルの粘度や選び方について説明したいと思います。

量販店やカー用品店でエンジンオイル売り場に行くと「5W-30」「0W-20」といった表記があります。これはエンジンオイルの粘度を表すものです。簡単に解説していきたいと思います。

まず「粘度」とは粘りの強さを表すものです。「水」は粘度が低いのでサラサラですが、「はちみつ」は粘度が高いのでドロッとしています。このようにエンジンオイルにも粘度の違いがあり、それぞれクルマに適したものを使用しています。

粘度が低いと始動時の低温でも柔らかく、エンジン回転の抵抗になりにくいオイルになります。逆に粘度が高いと、高温でも油膜を保ちエンジンの摩耗を防ぐオイルになります。

つづいて表記の読み方です。

左側の「5W」という数字は低温時におけるエンジンオイルの粘度を表します。「W」はWinter(ウインター)のWの事です。数字が小さいほど柔らかく粘度は低くなります。

右側の「30」の数字は高温時におけるエンジンオイルの粘度を表します。数字が大きいほど硬く粘度は高くなります。

基本的なオイルの選び方は、それぞれのクルマの説明書のサービス情報の項目をチェックしてみてください。使用すべきオイルが掲載されています。

自分でオイルを選ぶときは説明書を参考にしていればよいのですが、年数や走行距離が伸びたクルマはエンジン内部の摩耗が進んでいます。そういったクルマはオイルの選び方を変えてみるのも大事になってきます。

摩耗が進んだエンジン内部は、新車時に比べると各部品のクリアランスが大きくなってきています。説明書通りのオイルの粘度ではこのクリアランスに対応が難しくなる場合があります。

そこでエンジンオイルの粘度を高くしてあげる方法があります。粘度の高いオイルは、先ほど述べたように油膜を保ち摩耗を防ぐ役割が大きいので、大きくなったクリアランスでも油膜を保ち摩耗を防ぐことができます。

例えば「5W-30」のオイルなら「5W-40」というように粘度を上げてあげるのです。

こうすればエンジンにも優しく、摩耗の進行も少なくなっていくと思います。オイル交換はもちろん大事ですが、交換するオイルの種類にも目を向けてあげるとさらにメンテナンスの質が上げりますよ!

以上、エンジンオイルの粘度や選び方について でした!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください