整備

車内で水の流れる音がする(ホンダ アクティ HA7)

エンジンをかけると車内で「チョロチョロ」と水が流れる音がするという事で入庫されました。これは前に記事にしたことがありますが、ヘッドガスケットが抜けている可能性が高いです!ヘッドガスケットが抜けることにより、冷却水が燃焼室内に入り冷却水が減ります。するとエアが入り、車内に水の流れる音がします。

予想通り点検するとヘッドガスケットの不良でした・・・最近台数が多いですね。

さっそく交換していきます。エンジン廻りの部品をどんどん取り外します。

ヘッドを外しカムシャフトも外しました。

ガスケットを点検しますと、抜けた場所を見つけました。ここだけガスケットの黒い部分が途切れています。ここから冷却水が抜けていきます。

せっかくなのでエンジン内部も清掃しておきます。ちなみにヘッド、ブロック共に歪みはありませんでした。

ゴムシールも交換しておきます。熱でかなり硬化していました。

ヘッドを載せてからバルブクリアランスの調整をしておきます。

あとは部品を取り付け、冷却水のエア抜きをして修理完了です!その後は水の流れる音は無くなりました!

エンジン内部のリフレッシュも行ったので、お客様にも「前よりエンジンの調子が良くなったみたいです」と喜んでいただきました!アクティはこのトラブルが多いので、水の流れる音がしたときは一度ご相談ください。

以上、アクティのヘッドガスケット交換でした!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください