整備

はじめてクルマに乗る方必読!エンジンオイルのメンテナンスについて解説します!

こんにちは!

森本モータースの森本です!

今日は、はじめて自分のクルマに乗る人向けに「エンジンオイル」のメンテナンスについてお話ししようと思います!

クルマに乗る方は、自分のクルマとの付き合い方をしっかり学ぶ必要があると僕は考えます。

なぜかといいますと、クルマは毎日使うものです。

通勤、買い物、遊び・・・

日常無くてはならないのに、メンテナンスの事を考えないっておかしいですよね?

クルマは乗る人が責任を持って管理するものです。

クルマに乗る方に読んでいただきたいメンテナンスの第一歩!オイル交換についてお話ししたいと思います。

そもそもエンジンオイルの役割ってなに?

いきなりですが、エンジンオイルにはどういう役割があるのか、あなたはご存知ですか?

「ただの潤滑油でしょ?」と思う方が多いと思います。

ですがエンジンオイルの役割はそれだけではありません!

エンジンオイルには大きく分けて5つの役割があるのです!

  1. 潤滑・・・エンジン内部の金属同士の摩擦を軽減させます。
  2. 冷却・・・燃焼時の熱や摩擦熱をオイルで冷却します。
  3. 防錆・・・エンジン内部を油膜で錆から守ります。
  4. 密封・・・燃焼時のガスを逃がさないように隙間をふさぎます。
  5. 洗浄・・・エンジン内部の汚れを洗い流します。

このように、様々な役割をエンジンオイルは持っています。

オイル交換って必要なの?

エンジンオイルは先ほど述べた5つの重要な役割があります。

ですが、この5つの効果は永遠に続くわけではありません。

エンジンオイルは走行距離が伸びたり、月日が経つと劣化していくのです。

当たり前ですよね。

エンジンオイルはエンジンの高温にさらされ続けているからです。

そんな過酷な状況ではエンジンオイルが劣化するのは必然です!

そして、劣化したエンジンオイルは5つの効果が弱くなり、エンジンに深刻なダメージを与えるのです!

そんな事になったら高額な修理代がかかっちゃいますよね・・・

そのために!劣化したオイルを新品に入れ替えてあげて、5つの効果を持続させるのです!

これがオイル交換をする必要性です!わかっていただけたでしょうか?

いつオイル交換すればいいの?

ではエンジンオイルを交換するタイミングはいつなのか?

自動車メーカーの説明書を読むと・・・

10,000km~15,000km走行したら交換してください。

と表記してあります。

ですが!

私はもっと早く交換するべきだと考えます!

なぜか?

それは上記の走行距離はあくまでも限界値だからです。

渋滞していたら、走行距離は増えませんが、その間エンジンは回り続けますよね?

また、軽自動車だったらエンジンの回転数が高いです。

その過酷な環境下だとエンジンオイルの劣化も早まりますよね?

そのことを考えると、森本モータースのお勧めする交換時期は

5,000km走行したら交換してください。

こうすれば、様々な条件で走っている車に対して、大きくオイルの性能が劣化する前にオイル交換が出来るからです!

こうすればエンジンにやさしく、車を長持ちさせることができるのです!

まとめ
  • エンジンオイルは、エンジンを動かすのに重要な役割がある。
  • エンジンオイルは劣化していくので、交換が必要です。
  • エンジンオイルの交換時期は5,000km毎に行う。

自分のクルマは自分が責任をもってメンテナンスしましょう!

「知らなかった」では済まされません。

この記事を読んで、ぜひ!楽しいカーライフを送ってくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください